がん治療のご案内

治療方針

くまもと免疫統合医療クリニック 統合医療 免疫を活性化する治療法 標準医療 免疫を活性化する治療法と標準治療との合体

くまもと免疫統合医療クリニック院長の赤木純児です。2018年、本庶佑先生が免疫にブレーキをかけるPD-1という分子の発見でノーベル賞を受賞されました。このPD-1のブレーキを外す薬がオプジーボであり、これを使うと、末期がん患者様でも治癒するという奇跡的な現象が少なからず起き始めています。このことは「免疫こそが、ガン治療の主役である」ということを強く指し示しています。当クリニックの主眼は免疫力を上げながら、ガン治療を行うということです。免疫を上げる基本的な治療法は、ハイパーサーミアによる温熱療法、水素ガス療法、オプジーボを始めとした免疫チェックポイント阻害剤、タヒボやカイジ顆粒などのサプリメント、漢方薬などを使い、これと化学療法(低用量で使用)や放射線治療(免疫を活性化する方法で照射)などの標準治療を組み合わせていきます。私の掲げる統合医療とは、このような免疫を活性化する治療法と標準治療との合体です。こういう治療を行うことで、標準治療ではもう治療法がなく余命2−3ヶ月と言われたような末期ガン患者様でも治療効果がでて、1年、2年、3年と生存されている方が数多くおられます。中には、ほぼ治癒状態になったような患者様も少なからず出始めています。

「標準治療ではもう治療法がない」とお悩みの方 まずはご相談ください。

これまで様々な標準治療を受けられていてその効果がなくなっていたとしても、
免疫を上げる治療を行えば、効かなくなった抗がん剤や放射線も
また効果を発揮するようになりますので、決して諦めないでください。

私たちは患者様の免疫状態に合わせた治療を選択して、
個々の患者様に最適の医療(オーダー医療)を行います

治療法当クリニックの主眼は免疫力を上げながら、ガン治療を行うということです。

予防治療21世紀の医療は予防医療とも言われています。

院長 赤木純児の紹介はこちら

保険外費用についてこちらの診療は自費診療です。

がん治療においては数多くの新たな治療方法が開発されています。保険外ではありますが、最先端の治療を受けることができ、治療法も選択肢が増えて、自分の体質や病気にあった治療を制限なく受けることが可能です。

また、「日本では未承認だが海外では承認済み」のような最先端治療を受けることも可能になります。

自費診療(税込)
オプシーボ点滴静注 20mgX1(20mg)100,000円
オプシーボ点滴静注 20mgX2(40mg)150,000円
オプシーボ点滴静注 20mgX3(60mg)180,000円
オプシーボ点滴静注 240mgX1(240mg)450,000円
キイトルーダ点滴静注 100mgX1(100mg)420,000円
水素ガス
(初診時)4,000円
(再診時)3,500円
免疫状態を調べるための血液検査12,000円
高濃度ビタミンC点滴療法
G6PD欠損検査18,700円
VC12.5g(0.5バイアル)16,500円
VC25g16,500円
VC50g22,000円
VC75g26,400円
活性化自己リンパ球療法220,000円
自家がんワクチン療法1,650,000円
プロテオ検査65,450円
診断書・明細書(税込)
診断書 (自院様式)2,200円
診断書 (生命保険・損害保険診断書)5,500円
明細書 (生命保険・損害保険診断書)5,500円
医療費等の状況 (学校提出、日本スポーツ振興センター災害共済給付の請求に用いるもの)無料
死亡診断書 (1通目)5,500円
死亡診断書 (2通目以降)2,200円
傷病手当金意見書レセプトにて
セカンドオピニオン(税込)
セカンドオピニオン料20,000円
健康診断(税込)
基本診断10,800円
人間ドック (日帰り)38,000円
人間ドック (一泊)65,000円
がん検診 (一泊)75,000円
乳がん検診 (日帰り)28,000円

よくある質問

お急ぎの方はよくある質問もご利用下さい。

よくある質問へ
ページトップ